カーコーティングでおすすめのサービスは?

「新車購入の際に特にオーダーがあるカーコーティング、それをすることでどんな効果があり、またどんな方法でコーティングされるのかが気になるところです。カーコーティングをすることで起こるメリットもあわせてご紹介いたします。」

・カーコーティングのメリット

新車購入の際などに主に利用するサービスであるカーコーティング、自宅のメンテナンスでワックスなどをかける作業もこのカーコーティングの一つであり、大事な車を保護する効果があります。

このカーコーティングをしておくことで車の汚れをはじいたり、雨の水きれをよくしたりなど、車にとって優しい効果が得られます。
車体は最初から、耐久力の強いものではありますがそれでも劣化や小さな傷はつきやすく、あくまで運転手など中に乗っている人の安全を最優先にした耐久性であり、車そのものは些細なことでも傷つきやすくなっています。

飛び石や擦りキズなどで啼いた覚えがある人も多いはずです。
車はこうした小さな傷でもあまり深かったりする場合は板金工場でしか直せないものとなります。
塗装やパテで埋めるだけの場合もあればドアを丸々交換する場合もあり、車にかかる費用は高額です。

あまり気にしない場合は別ですがあまりボロボロの車に乗りたくないというのも事実、また新車を購入した場合は余計そう思います。
車自体が高価な買い物です、価格を考えると少しでも長く綺麗に乗りたい、そう思うのが自然です。

そんな新車購入の際におすすめしたいのが同時にコーティング加工をしてもらうことです。
業者に任せてやってもらえるカーコーティングも進化しており、ガラスコーティングの需要が伸びています。

カーコーティングにも寿命があり、その中でもダントツの長寿命を誇るのがガラスコーティングで、平均して3~5年、環境によっては10年以上もつ場合もあります。
基本的にカーコーティングはよくもっても1年程度で剥がれてしまうもの、そのコーティングが剥がれてしまうとまた傷や劣化などに車体は晒されていきます。
いつまでもツヤのある車体を維持し、塗装による本来の車の保護機能も失われていってしまうので、見た目、機能性両方の問題からカーコーティングははおすすめしたいものとなっています。

ガラスコーティングのデメリットは施工期間が長い事、また価格が他のカーコーティングに比べて香華くになりがちな点ですが、カーコーティングが長持ちするとその分多くのメリットがあるので、新車購入の時に同時にガラスコーティングを依頼する方も多いです。
普段のメンテナンスの手間は省けるうえに車体の劣化、塗装の機能の低下を防げる、そしてこれら効果が他のコーティングよりも何倍も長持ちするというメリットがあるので、長い目で見てこのガラスコーティングを依頼する方が増えています。
あまり車にこだわりが無い場合どうしても省いてしまいがちなカーコーティング、しかしこれで得られるメリットは大きいので中古車であってもガラスコーティングの依頼をする方もいます。

いままでよりも美しい車体でより充実したカーライフを送るためにも、カーコーティングはとてもおすすめです。
特にこうしたコーティングは、天気の変化が激しい、夏の日差しが厳しい、雨の多い地域でこそ真価を発揮します。
劣化がそのまま故障に繋がることもあるので、こうした地域にお住まいの方は特にカーコーティングをおすすめいたします。

・おすすめはガラスコーティングです

カーコーティングにも幾つか種類があります。
大きく分けてカーコーティングは5種類あり、「カーワックス」「ポリマーコーティング」「ガラス系コーティング」「ガラスコーティング」「セラミックコーティング」があります。
カーワックスは自宅で洗車した後に利用している方も多く、市販品で安く手に入るのがメリットです。

しかしカーワックスは安く抑えられるという点ではほかのコーティング剤よりも優秀ですが、その持続性は1~2週間、また熱に弱く汚れを余計付着させてしまうこともあるので、あまりおすすめはできないです。

次にポリマーコーティング、こちらも家で施しやすいようにスプレータイプのものが販売されていたりと優秀ですし、またワックスよりも持続性が高いです。
しかしこちらもデメリットは多く熱によるダメージを受けやすい、紫外線によるダメージを受けやすいなどの欠点があります。

夏場に外に停めておいたら塗装が劣化していた、なんてことも有り得ます。
次にガラス系コーティング、これは数段優秀なものとなっていますがガラスの配合率によって性能はかわりますので施工してもらう場合などは確認が必要です。
ポリマーとガラス繊維が混合しているカーコティングで、光沢もよく汚れを防ぐのに効果が高くなっています。

量販店などでよくこのガラス系コーティングが用いられています。
次にガラスコーティング、これは硬化型ガラス繊維でのコーティングで非常に優秀です。
ガラス被膜は光沢に優れているので見た目が美しく仕上がる上に持続期間も長い、そして紫外線や汚れにとても強いので長期間これらから車を守ってくれます。酸性溶剤に弱いなどのデメリットや、ガラス系コーティングに比べると費用が高くなりますが、特に酸性溶剤を車に浴びてしまうなどの環境は限られているので普通に使用する分には特に気にすることのないデメリットといえます。

最後にセラミックコーティング、こちらはガラスコーティングよりも強いもので、一度硬化すると薬品で剥がれることもないです。
物理的にコンパウンドで磨かない限りは剥がれない上にスクラッチ耐性も優れています。できればこのコーティングを施したいところですが、施工費がガラスコーティングよりもさらに上がるのが悩むところです。
値段や性異能を考えるとガラスコーティングが一番おすすめです。

・カーコティングをするべき環境は?

基本的に車を乗るならばきちんとコーティングをしておくべきですが、カーコティングした、しなかったの差が顕著に出るのが雨の多い地域です。

車は設計上必ず雨をはじき、洗車で汚れは全て落ちるように感じますが実際劣化などを経てそれら性能が落ちてしまうことが殆どです。
そうなると見た目はみすぼらしくなっていってしまう上に、本来塗装で得られていた性能も落ちていってしまいます。

酸性雨の影響やシミなどの外面的なものや、また普段の洗車などのメンテナンスにおいてもカーコーティングをしておくことで差が出ます。
雨風の多い地域は車にとっても負担が大きい環境なので、車を購入する際は丈夫なカーコーティングをしておくのをおすすめいたします。

雨風が強い、それは車が汚れやすく、風が吹いた時に飛んできたもので傷がつきやすいということです。
車体そのものの耐久性を過信してしまうと、その環境によってすぐに劣化してしまうこともあります。

新車購入をした場合、できればそれを避けて綺麗なまま大事に乗りたいもの、購入の時に同時に施工を依頼しておいて損はないものです。
駐車環境や洗車頻度を考える、そしてそれに合ったカーコーティングをしておくのは車を持つ方にとって大切な事といえます。
施工代などや業者により定期メンテナンスなどが気がかりかもしれませんが、良質なカーコーティングはデメリットらしいデメリットが少ないので、問合せの検討をおすすめいたします。